慢性腰痛は多くの人にとって悩ましい問題ですが、正しいアプローチで克服できます。

このブログでは、腰痛の症状・原因から避けるべき運動、効果的なストレッチ

そして温熱療法に焦点を当て、痛みのない腰を取り戻すための手順をご紹介します。

  1. 慢性腰痛とは?

    3422092_s (1)

    腰痛には多様な症状が含まれており、内臓由来・血管由来・神経性由来・心因性由来・脊椎性由来に大きく分けられます。

    そしてその原因に関わらず罹患期間が3カ月以内のものを急性腰痛、3カ月以上持続しているものを慢性腰痛と言います。

    慢性腰痛は痛みを発している原因が1つではないことが多いため、改善方向へ進むためには様々な角度からの評価、視点が必要となります。

  2. 慢性腰痛の原因

    28961379_s

    腰痛を感じた時にマッサージを受けに行っていませんか?

    一言に腰痛と言っても原因は様々。マッサージで良くなるものもあれば、そうでない腰痛があるのも事実です。

    特に繰り返す腰痛や慢性腰痛は腰以外のところに原因・問題があることが多いです。


    1. 原因がある場合

      スクリーンショット 2024-03-26 132446

      腰椎椎間板ヘルニアや圧迫骨折、腰部脊柱管狭窄症などテレビなどで耳にするような疾患はMRIやレントゲン撮影により診断されます。

      こういった原因が見つかる腰痛は全体の15%と言われており、こう言った腰痛を特異的腰痛と呼びます。

      残りの85%は検査を行って原因となる異常が見つけられない非特異的と呼ばれています。


    2. 原因が特定できない場合

      1482074_s

      2-1でも出てきた「非特異的腰痛」についてです。

      腰痛を自覚し病院に受診した85%は原因不明とされ、何かしら病名をつけてもらい湿布や痛み止めの処方やリハビリをしてもらうことになります。

      本当に85%は原因不明なのでしょうか?

      セラピストにご自身の腰痛についてたくさん話してください。

      ・いつから痛いのか

      ・どこが痛いのか

      ・どんな時に痛みが出るのか

      ・どうしたら痛みが楽になるのか

      ・痛む範囲は1点なのか、広範囲なのか

      など痛みの特徴からも原因は絞っていけます。

      原因をみつけるために理学的所見というものがあります。

      しっかりと身体の状態を評価していく事で原因は見つけられます。

      これは画像上問題があった特異的腰痛でも一緒です。画像と一致した痛みなのか、また別の痛みが複合されているのか。この可能性も十分にあり得ます。


  3. 慢性腰痛の症状

    3422092_s (1)

    ・3カ月以上持続する腰部の痛み

    ・腰からお尻にかけて痛む

    ・ある方向(前かがみや反らすなど)に動かすと痛みが出る

    ・腰が固まった感じがする

    ・痛みが出ては治まってを繰り返している

    ・画像上問題ないと言われたけど痛い


  4. 慢性腰痛で意外と多い原因とは?

    25040248_s (1)

    腰痛の原因を全て書いていく事は難しいです。足首の問題や内臓が原因という事もあります。

    ここでは慢性腰痛で多い原因をお伝えしようと思います。

    慢性腰痛の原因で多いのはズバリ【股関節】です!股関節は球状の関節です。そのため曲げる・伸ばすだけでなく捻じるという動きが可能です。

    (※股関節周辺のおすすめストレッチはこちらをご参照ください。)

    もし股関節が硬くなっていて捻じる動きが狭小していたとします。すると捻じるという動きを完成させるために腰を必要以上に捻じってしまいます。そうすると腰への負担が大きくなってしまう事は想像できると思います。

    腰にとって捻じるという動きは構造上大きくできる動きではありません。そんな中でいつも以上に捻じりを強制されると背骨同士でつくっている関節がダメージを受けてしまいます。するとそれが筋肉をも硬くしようとしてしまいます。(この話は神経の影響があったりと複雑になっていってしまうのでここで割愛させていただきます。)

    腰の関節、筋肉へのダメージを減らすためにも捻じることが得意な股関節の可動性を保つことが大切です。


  5. 慢性腰痛 腰に負担のかかる動きとは?

    前屈して痛みが出る方、反らすことで痛みが出る方がいるように負担となる動きは異なります。

    痛みを感じ続けると痛みに敏感になってしまったり、慢性化しやすくなっていってしまうので痛みを自覚する動きは避けるようにしましょう。

    腰痛があるときに頭に浮かぶことに姿勢があると思います。

    「姿勢をよくしなきゃ」と思って背筋を伸ばしてみる。

    その時このように腰だけを反らしてしまっていませんか?